ベスト プラクティス

ここでは、さまざまなベスト プラクティスを紹介します。これらのベスト プラクティスは、これまでの経験と調査によって得たいくつかの方策が、品質の高いパラメトリック ワークフローを構築するために最も効果的であることを明らかにしています。設計者とプログラマの場合、オートデスクの各種ツールの保守性、信頼性、利便性、効率性を主な指標として、品質を評価することになります。ここで紹介するベスト プラクティスでは、ビジュアルベースのスクリプト作成とテキストベースのスクリプト作成における具体的な例を挙げていますが、スクリプト作成の原則は、すべてのプログラミング環境で共通しています。これらの原則を適用して、さまざまな計算ワークフローを示すことができます。